SONY「α7 IV」がついに発売!動画用カメラと写真用カメラが「融合」!?

α7 IVの画像

こんにちは!カメラ買取ナンバーワンです。
SONYが「α7 IV」の発売を発表しました!
SONYはこれまで、動画用カメラの分野で地位を築いていましたが、ミラーレスカメラが台頭し始めた頃から、SONYのミラーレス一眼カメラの人気が勢いを増しています。

筆者は、現行モデルになる「α7 Ⅲ」、もう一つ前の「α7 Ⅱ」を買うか迷っておりましたので、その選択肢に「α7 IV」が加わるということで、個人的にすごくタイムリーなニュースです…!
気になる「α7 IV」のスペックなど、最新情報をご紹介いたします!

SONY「α7 IV」2021年10月21日発売

SONYは、2021年10月21日に、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」を海外で発表しました。
アメリカでの発売価格は、ボディ単体で2,500ドル(約28万5000円)です。
今のところ日本の発売日は公開されていませんが、公式サイトでは「日本国内でも発売を検討しております。」と記載されています。

α7 IV」はひとことで言うと、「動画も静止画も両方撮影できる、ハイブリッドカメラ」

SONY「α7 IV」はプロユースはもちろん、近年流行中の「VLOG」、「シネマティックVLOG」、youtube動画を撮影するのであれば、このSONY「α7 IV」とズームレンズさえあれば完結してしまうのではないかと思います。
美肌効果テクスチャも搭載されているので、美容系、女性YouTuberの方にもってこいなのではないでしょうか。

α7 IVのスペック

それでは、α7 IVのスペックを見ていきましょう。

有効画素数:3300万画素
拡張ISO感度:50~204800
画像処理エンジン:BIONZ XR(αシリーズのフラッグシップ「α1」と同センサー)
AFポイント:759点
リアルタイム瞳AF:動画、静止画どちらも追従可能(新たに動物も対応)
モニター:バリアングル式
手ぶれ補正:5段5軸
動画:4K30p、4K60p


AF機能が超強化!フォーカス移動、追従どんとこい!


AF機能は前モデル「α7 Ⅲ」と比較して30%向上しているとのこと。
動画や写真は基本的に「瞳」にフォーカスを合わせるのが鉄則ですが、α7 IVは「瞳AF」を強化し、不鮮明な人物の瞳にもAFできるようになったり、鳥や動物などの目にも追従します。
動物系YouTuberの方に嬉しい機能ですね。

動画AF機能としては、フォーカスブリージング(フォーカス位置を変えた際に、画角が少し変わってしまう現象)を抑える機能がつきました。(SONY純正レンズのみ対応)
これにより、AF〜MFの切り替えがスムーズになり、シネマティックな映像が手軽に撮影できます。


旧モデルより、グリップが大きくなっている


筆者は前モデルの「α7 Ⅲ」で撮影したことがありますが、コンパクトさとひきかえにホールド性がもうひとつ、と感じていました。
「α7 IV」ではグリップが大きくなることにより、大きなレンズも安定してつけることができるようになります。


右肩のダイヤルが自由にカスタマイズでき、静止画、動画、S&Q(スロー&クイック)を瞬時に切り替えられる


前モデルの「α7 Ⅲ」は右肩のダイヤルが露出補正専用でしたが、カスタマイズできるようになりました。
このダイヤルに、録画音量レベル調整、ISO、ホワイトバランス調整、フォーカスエリア調整など、さまざまな機能を割り当てることができます。
また、静止画、動画、S&Q(スロー&クイック)でメニューの内容、ボタンのカスタマイズ内容も変えることができ、それらをダイヤル一つで瞬時に切り替えることができます。
動画カメラマンも、フォトグラファーもどちらも嬉しい機能ですね。


YouTubeなどのライブ配信や、動画制作に嬉しい機能も満載!


「α7 IV」はスマホと連携することができ、5G接続環境にて高速に静止画や動画を転送することが可能です。
WEBかめらとして、動画配信用のカメラとして使えますし、その際に美肌効果やクリエイティブルック(色味のプリセット)も適用可能です。
また、AIが動画編集してくれる「AI Video Editing Studio」というサービスも利用可能!
初期編集をAIが担ってくれるので、動画クリエイターさんやYouTuberの方には助かる機能ではないでしょうか…!

感想

「α7 IV」は、動画主流の現代のニーズに合わせて、動画の機能を強化しながらも、αシリーズ最高峰フラッグシップモデルと「α1」(現在価格:79万円)と同じセンサーが使われている考えると、かなり、かなりコストパフォーマンスに優れたボディなのではないでしょうか…!

私ごとになりますが、筆者はデザイナーをしておりまして、「フルサイズ」の写真が撮れて、動画もいっしょに撮れるカメラを探しておりました。
動画用カメラと、写真用カメラが「融合」した「α7 IV」。
「α7 IV」は自身のニーズに合致しており、かなり感動しております…!すごく欲しい…笑

「α7 IV」はハイスペックなので、初心者には扱いが難しそうに感じがちですが、逆に、買ってから様々な機能を覚えていき、使いこなしていく楽しさもあるように感じます。
日本での発売が楽しみです!


フルサイズミラーレス一眼レフは中古市場で高い需要があり、SONY 「α7 Ⅲ」も現在高い需要があります。
しかし、新モデル「α7 IV」の発売により、前モデル「α7 Ⅲ」の新品価格が下がることが予想されます。
それにともない、「α7 Ⅲ」の買取相場が下がる可能性がでてまいります。
もし、SONY「α7 Ⅲ」を買取・下取りに出される場合は、早めに動いていただくことをおすすめします。

カメラ買取ナンバーワンでは、中古カメラ市況をピンポイントで把握しているため、高い相場で買取することが可能です。
カメラ愛たっぷりの査定員が、誠心誠意査定させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。
ぜひ、カメラの買取、SONY 「α7 Ⅲ」の買取は当店カメラ買取ナンバーワンにお任せください。


WEB査定はコチラから!
電話番号:
092-923-2533

【早見表あり】忙しい人のためのレンズマウント互換性【Canon、Nikon】
【作例あり】撒き餌レンズだっていい、Canon EF50mm F1.8 STMの魅力
【作例あり】マクロレンズ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G E

ページトップボタン

092-410-1505 WEB買取 LINE買取