【作例あり】フィルムカメラ最初の1台におすすめ!OLYMPUS TRIP35

こんにちは!
趣味は「家で楽しむもの」「外で楽しむもの」「誰かと一緒に楽しむもの」の3つを持つとバランスが良いらしいです。

今回は、外で楽しむ趣味として始めたフィルムカメラの紹介と、カラーネガフィルム2本の作例を掲載します。
最近ようやく絞りとシャッタースピードという言葉を覚えた初心者ですが、フィルムが違うだけで全く異なる写真が出来上がるので面白いですよ。
ぜひ見比べてみてください。

 

OLYMPUS TRIP35

使用したカメラはこちら。
「OLYMPUS TRIP35(オリンパス トリップ35)」です。
主な特徴は4つ。

  1. 焦点距離は40mm
    スナップに使いやすい画角で、散歩中などに気に入った景色を気軽に撮るのに向いています。
  2. シャッタースピードは1/30秒と1/250秒の2種類
    切り替えは出来ますが、基本はA(オート)で撮るカメラなので難しいことは考えなくて大丈夫です。
  3. ピント合わせはゾーンフォーカス式
    被写体とカメラの距離を目測で判断して「1m」「1.5m」「3m」「無限遠」から選びます。
    レンズのリングに「上半身の人」や「山」などの絵が描いてあるので距離の目安になります。慣れるまでは戸惑いますが、個人的にこれはすごい強みだと思うんですよ。
    スナップならそんなにしょっちゅうピントは変えないので、基本的にカメラを向けてシャッターを切るだけなんですね。
    スリープの解除やアプリの起動が必要なくて、めちゃくちゃスムーズで快適です。
  4. 自動露出可能
    明るすぎたり暗すぎたりするとシャッターが切れなくなる仕組みなので、「真っ暗で何が何だかわからない……」なんてことを防いでくれます。

このカメラで撮った写真は、全体的にふんわりと柔らかな描写になる印象です。
かと思いきや、たまにピントがバシッと決まると、びっくりするほど鮮明に写ったりもします。

難しい操作は必要なく、A(オート)でシャッターを切れば撮れる!ということでフィルムカメラ最初の一台におすすめです。

中古の数はかなり多く、表皮をカラフルに貼り替えたリメイク品もあります。
私はフリマアプリを使って8,000円ほどで買いました。

ただ、物によってはきちんと動かなかったり、モルト(遮光材)が劣化したままだったりするので、購入の際は中古カメラの専門店などで現物を見て、店員さんに動作確認してもらうのが一番です。

 

作例

FUJICOLOR 100(フジカラー 100)

感度:100
価格:657円(24枚)、982円(36枚)
ほとんどのカメラ屋さん、写真屋さんで手に入る、ポピュラーなフィルムです。
ヨドバシカメラにもありました。
感度100なので、明るい屋外に適しています。

曇りがちの日でしたが、結構明るめに写りました。
ちょっと黄色っぽいのが効いているのか、レトロな雰囲気が良い感じです。

 

Kodak ULTRAMAX 400(コダック ウルトラマックス 400)

感度:400
価格:(24枚)(36枚)
非常に特徴的な青みが出ることで有名なフィルムです。
感度400の中では最も安価。
室内や夕方、頑張れば夜も使えるようですが、まだ試したことはありません。

青い青いと聞いていたのですが、本当にびっくりするくらい青いです。
いつもの景色が非日常的な鮮やかさになるのは、なんだかわくわくします。

 

まとめ

優しくてレトロな「FUJICOLOR 100」と、色鮮やかな「Kodak ULTRAMAX 400」、同じカメラなのに全然違いますね!

掲載した写真は冬に撮影したものです。
今見ても「なんかいいなぁ」と自画自賛してしまうのですが、そんな唯一無二の一枚が撮れるのがフィルムカメラの魅力です。
「OLYMPUS TRIP35」は手に入れやすく、コンパクトで持ち歩きやすいので、おすすめのフィルムカメラになります。

以上、「OLYMPUS TRIP35」の紹介と、「FUJICOLOR 100」「Kodak ULTRAMAX 400」の作例でした。

 

おまけ。
空シャッターが半分写っていました。
得した気分。

【早見表あり】忙しい人のためのレンズマウント互換性【Canon、Nikon】
【作例あり】撒き餌レンズだっていい、Canon EF50mm F1.8 STMの魅力
【作例あり】マクロレンズ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G E

ページトップボタン

092-410-1505 WEB買取 LINE買取