【作例あり】撒き餌レンズだっていい、Canon EF50mm F1.8 STMの魅力

こんにちは、CanonユーザーのスタッフYです。
少し前の話になりますが、Canonの有名単焦点レンズ「EF50mm F1.8 STM」のRFマウント版(フルサイズミラーレス一眼カメラ用)「RF50mm F1.8 STM」が登場していますね!
「EF50mm F1.8」シリーズが「撒き餌レンズ」と言われているので、こちらは「新・撒き餌レンズ」などという名前もついているようです。

 

しかし「撒き餌」という言葉はあまりいい響きじゃないのがネックですね。
結局買わなくてもいいレンズなのでは?というイメージを持つ人も少なくないかもしれません。
そこで今回は、「EF50mm F1.8 STM」について作例付きで紹介したいと思います。

「EF50mm F1.8 STM」とは

撒き餌レンズと呼ばれるわけ

撒き餌レンズとは、安価でほどほどの機能をもつレンズを使ってみて、キレイな写真を撮れたことに感動した人をレンズ沼に引きずり込む…という意味です。
「EF50mm F1.8 STM」は、まさに安価でほどほどの機能をもつ、手に入りやすいレンズなので、Canonの撒き餌レンズと言われているのです。

 

 

デメリットとメリット

ではレンズの特徴はどうでしょう。メリットとデメリットで紹介します。

《メリット》F値開放がF1.8である

この数値が小さいほど、明るくボケて撮ることができます。暗くなりがちな室内や夜景でも活躍します。

《デメリット》焦点距離が決まっている

つまりズームができないということです。発表会や結婚式など、あまり動きまわることができない撮影には不向きです。
※これは「EF50mm F1.8 STM」だからというより、単焦点レンズだからという特徴でもあります。

 

 

「EF50mm F1.8 STM」の作例

ここで作例をあげていきましょう。
メリットである「F値開放がF1.8」という特徴を生かして撮った作例がこちらです。
※ホームぺージ掲載のためリサイズ・画質調整しています。

 

 

福岡にある宮地嶽神社さんです。
七夕飾りのある時期でした。

 

宮地嶽神社 七夕飾り門

 

撮影状況は6月末17時、屋外晴天
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 使用

 

 

宮地嶽神社 七夕飾り1
絞り値:f2.8
露出時間:1/100秒
ISO感度:100
宮地嶽神社 七夕飾り2
絞り値:f2.8
露出時間:1/200秒
ISO感度:100

 

宮地嶽神社 七夕飾り3
絞り値:f2.8
露出時間:1/100秒
ISO感度:100

 

天井の飾りは暗く映りがちですが、絞り値を小さくして写しました。

 

 

宮地嶽神社 七夕飾り4
絞り値:f3.2
露出時間:1/125秒
ISO感度:100
宮地嶽神社 あじさい花手水
絞り値:f8
露出時間:1/160秒
ISO感度:100

 

背景をぼかすこともできますが、絞り値を大きくすると全体がとてもきれいに映ります。

 

 

宮地嶽神社 あじさい花手水
絞り値:f2.8
露出時間:1/200秒
ISO感度:100

 

宮地嶽神社 七夕飾り3
絞り値:f5.6
露出時間:1/200秒
ISO感度:100

 

有名な「光の道」は夏でも絶景です!

 

 

「EF50mm F1.8 STM」のここがいい!

さて、実際に「EF50mm F1.8 STM」を使った感想として、3つのおすすめポイントがあります。

 

開放F値がちょうどいい

F1.8よりももっと数値の小さい高級レンズもありますが、個人的にはF1.8ぐらいがちょうどいいと思います。それ以上に小さい数値だと、解像度に影響もでてくるからです。
実際に使っていくと、開放したF1.8で撮ることの方が少ないかもしれません。

 

 

最強のコスパ

やはりなんといっても安いというのは最大のポイントです。
「EF50mm F1.8 STM」の最安値は、15,400円(2021年9月17日調べ)です。
他のメーカーと比較するとびっくりするほどの値段です。
この値段でこれだけの性能なら、十分すぎるほどです。

 

 

ボディ買い替え後も安心

このレンズはEFマウントなので、Canonのカメラボディなら、フルサイズでも、APS-Cでも、ミラーレス(※マウントアダプターは必要)でも使えます!
これって何気にすごいこと。

 

 

まとめ

結論としては「撒き餌レンズ」という響きにまどわされるな!
いいものはいい!ということです。
もちろんレンズの深みにはまってもっと高機能のものを使うのも楽しいですが、レンズの持っている機能を十分に生かして、工夫して撮影していくのもとても楽しいですよ。

 

 

おまけ

ちなみにこの「EF50mm F1.8 STM」は、2015年5月に登場したレンズです。
元々の値段が安いということもあり、登場から年数も経っているため、レンズを手放す時に下取りに出す人もいるのではないでしょうか。

 

ちょっと待って、それはもったいないかも!

 

カメラ買取ナンバーワンは、独自の買取システムで適正な価格をつけられるので、下取りに出すよりも高額がつく可能性があります!
査定は無料となっていますので、価格を知りたい方はお気軽にお問い合わせ下さい!!

 

>> WEB査定はコチラから!
電話番号:
092-923-2533

 

【早見表あり】忙しい人のためのレンズマウント互換性【Canon、Nikon】
【作例あり】撒き餌レンズだっていい、Canon EF50mm F1.8 STMの魅力
【作例あり】マクロレンズ Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G E

ページトップボタン

092-410-1505 WEB買取 LINE買取